不動産鑑定士


不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受けた人を不動産鑑定士と呼びます。不動産鑑定士という職業は、一般的にあまり馴染みがなく、その存在を知る人は10人に1人といったところでしょうか。

 

相続税路線価評価や固定資産税評価、その基礎となる公示価格、基準地価格の評価などで、間接的に一般の人の生活に密接な関連性を持っているのは事実で、不動産鑑定士は私達の生活には重要な役割を担っています。

不動産鑑定士ニュースへようこそ!




不動産鑑定士の専門サイト“不動産鑑定士ニュース”であなたの問題を解決してしまいます! 

 

そもそも、不動産鑑定士とは?


不動産鑑定士とは不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受けたもの言います。そして、不動産鑑定士事務所は、日本全国で3,230業者あります。こんなに多くの鑑定士事務所があると、いったいどこに依頼をすれば良いか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで、当サイトでは不動産鑑定士事務所選びのポイントなども紹介しています!不動産鑑定評価書の内容によっては、ビジネスの行方も左右されるほど、鑑定士のお仕事はビジネスの上で重要な鍵を握っています。


 

不動産鑑定業


不動産鑑定業というのは、自ら行う、もしくは他人を使用して行うというのは問わず、他人の求めに応じ報酬を得て行く仕事です。不動産の鑑定評価を業といて行うことをいい、不動産鑑定業を営む為には不動産鑑定業者の登録を受けなければならないのです。

『不動産鑑定評価基準』にはこう記されています。 「不動産の現実の取引価格等は、取引等の必要に応じて個別的に形成されるのが通常であり、しかもそれは個別的な事情に左右されがちであって、不動産は適正な価格を形成する市場を持つことが困難である。したがって不動産の適正な価格については専門家としての不動産鑑定士の鑑定評価が必要となるものである」


つまりは市場の代行機能としての役割が不動産鑑定士の仕事という事が言えそうです。不動産の鑑定評価の対象となる主な類型というのは、宅地の場合では、更地や建付地、借地権や底地、また区分地上権等があります。そして、建物及びその敷地の場合では、自用の建物またその敷地、貸家及びその敷地や借地権付建物、そして区分所有建物及びその敷地などがあげられます。

 

トップへ


不動産鑑定士の主な業務

 

1.売買のための鑑定評価をします
売手側が適正な売却価格を決定する際の資料として、買手側が提示価格の妥当性を確かめる為の目的で依頼する場合に適用されます。

 

2.賃貸借のための鑑定評価をします
店舗やマンションなどの適正賃料の算定の場合。また賃貸借契約の更新に際して、地代や家賃を適正な水準に改定する場合。そして借地や借家に関する紛争解決のために鑑定評価書が必要な場合に適用されます。

 

3.コンサルティング業務をします
個人、または民間会社を問わず所有不動産の最も効率的な利用方法です。運用方法等についてコンサルティングすしていきます。

 

4.不動産を担保にする場合
金融機関が資金を貸し付ける場合に提供される担保を評価する場合に適用されます。

 

5.相続などで適正な価格が必要なとき
相続税額算定のために、時価評価が必要な場合に適用されます。また公平な財産分配が必要な時に適用されます。

 

6.課税上の不服申立や裁判上に必要な場合

 

7.補償のための鑑定評価をします
土地収用や都市計画法により、土地が収用される場合の補償金額算定のために行われます。

 

8.共同ビルの権利調整や再開発関連の調整業務をします

 

9.清算、公売のための鑑定評価をします

 

10.工場財団の評価をします
機械設備を含む工場の土地や、建物を担保提供する際の鑑定評価をします。

 

11.会社合併時の評価換え、固定資産の評価換え等の企業会計処理のための鑑定評価をします

 

12.地価公示や地価調査、相続路線価評価、そして固定資産税評価をします
 

人気のバナジウム天然水

ラジコンを買うなら

製造直販の日付印作成

沖縄のフォトウェディングプラン

株式会社オブザーバー|東京の探偵興信所で人探し行動調査で有名

トップへ